保育士の資格、仕事

保育の仕事の広がりとは

  • 保育士というのは主に0歳から6歳までのお子さんを預かり保育を行うという仕事です。お子さんを保護するということも目的の一つとされており、また一緒に会話し生活を共にすることで考える力や感性をしっかり磨くお手伝いをすることも重要な仕事です。

    女性が多い保育士の世界ですが、男性保育士も徐々に多くなっています。年齢も性別も関係なく魅力ある仕事ですが、結婚、出産を経て別の職業に就くという方も多いようです。勿論、出産後、また保育士として復職し活躍されている方も多い世界です。

    幼稚園とは違い教育を施すということはありませんが、私立保育園によってはひらがなを覚えたり算数の基礎を学ぶ等、保育の中に学習を取り入れ小学校進学の際、生活の変化に戸惑うことがないようにと配慮されている所もあります。

    保育士は保育園のほかにも親族や保護者のいないお子さん、保護者が病気、死別し子供を育てていくことが出来ない状態の2歳未満のお子さんを育てる乳児院、乳児以外、18歳未満の児童が入所している児童養護施設などで働くこともあります。

    また障害者施設や病棟保育士として働く方もいます。最近は企業内に保育所を設けている所も多くなり、企業で働く保護者のお子さんを預かり保育するという職場も多くなっています。