保育士の資格、仕事

保育士の受験資格の規定

  • 少子高齢化といわれている現代ですが、都市部に行くと保育所に入る事が出来ないお子さんが多く、待機児童問題は全国的な問題となっています。地方に行くと保育士が余っている状態、また正社員になれずパート、アルバイトという状態が多く、都市部に行くととにかく保育士不足で施設不足と解決できない問題が山積みです。

    小さい頃から子どもたちと接する保育士さんの姿にあこがれ、将来は保育士になると目的をもって目指している方も多い仕事ですが、お子さんを預かるという責任ある仕事となるので幼児教育等必要な専門教育を受けておく必要があります。

    専門教育を受ける教育機関については専門学校、短大、大学などがあります。大学の場合には2年以上在学し62単位習得(見込み含む)した方、短大、高等専門学校、専修学校専門課程の場合には修業年限2年以上について受験資格が得られます。

    また平成3年3月31日までに高校を卒業したという方や、平成8年3月31日までに高校保育科を卒業したという方にも受験資格があり、これ以外の場合でも、児童福祉施設などで2年以上勤務し、総勤務時間数が2880時間以上、児童の保護に従事した経験がある方にも受験資格があります。

    更に児童福祉施設などで5年以上の勤務があり、総勤務時間数が7200時間以上ある方で児童の保護に従事した経験を持っている方にも受験資格があります。こうした受験資格については規定がかなり細かくなっていますので、わからない方は一般社団法人全国保育士養成協議会保育士試験事務センターに確認してください。